会計ソフト!クラウドソフトを比較してみた(確定申告)



※ 法人版の比較はこちら

基本的に会計ソフトを一つ導入すれば、日々の帳簿づけから確定申告の書類作成まで完結する。副業をして所得控除をするのであれば、導入は必須。

そして、これまでに使い慣れた会計ソフトがないのであれば、「クラウド会計ソフト」を使った方がよいだろう。メリットは下記3点だ。

  • ネットバンキングや、クレジットカードでの決済を自動で反映
  • インプットが容易でわかりやすい
  • 複数のデバイスで作業できる

中でも1点目がものすごくありがたい。事業を拡大すればするほど、データのインプット量も増えていくので、それが事前に自動化されていると本当に助かるのだ(更にアフィリエイトサイトとの連携もある)。

というわけで、いくつかあるクラウド会計ソフトの比較を行おう。

 

一覧比較

MFクラウド】は、無料版を利用できるのが大きな強み。他のクラウドソフトは無料版を1か月体験利用などでしか利用できない。

freee】はMFクラウドに似ているが、インプット画面に補助項目が多いので、経理初心者に良いかもしれない。ただ、知識がある人や慣れている人にとっては邪魔。

弥生会計】は、法人成りして計上の数が膨大になる可能性を視野に入れている人におすすめ。

<ソフト(プラン)> <年額> <特徴/誰にオススメか>
MFクラウド(無料) 無料 月15件まで仕訳入力可
MFクラウド(有料) ¥8,800- 無料版から引継ぎ可
freee(スターター) ¥9,800- MFより補助説明が多い
弥生会計(セルフ) ¥8,640- 法人成りを視野に入れるなら

どれも基本機能として、「口座との連携」「申告書作成およびeTAX対応」「スマホ/タブレット対応」がついてくる。

また、勘定科目や税務上の質問などは税務署に聞いてしまえばいいので、つけてもらう必要はあまりない。案外知らない人が多いが、経理の質問は税務署に電話してしまえばだいたい無料で解決する。

 

副業サラリーマンであればこれ一択だと思う。なぜなら月15件の仕訳までなら無料で入れられるからだ。入金先、支払先ごとに一括計上して、その内訳は根拠資料を取っておけばいい。事業の規模が大きくなってきたら、有料版に移行すればいい。

驚くべきことに、下記を無料で利用できる。

  • データを保存しておける
  • 基本機能を利用することができる
  • 白色申告でも青色申告でも提出書類が作れる
  • 各種決算書が作れる
  • サポートあり/FAQが充実
  • 勘定科目をリストの中から選択できる

ただ、既に入金先・支払先が月に15件を超えている人であれば、下記の2件と比べてみよう。

 

MFクラウドの有料版と結構似ている。チャット・メールの問合せが利用できたり、複数人で同時に利用することも可能で経理をアウトソースしやすかったり。

MFとの違いとしては、インプット画面にどんな費用にどの科目を使うべきかなど書いてあるので、経理初心者にはオススメできる。

f:id:taro_detonation:20170114165525p:plain

経理業務に慣れている人であれば、年間¥9,800で他よりもやや高いし、あえて選ぶ必要もない。

フリーなのに無料利用は1か月間だけなんですよ。。。ぼくは最初freeeを使ってみたけれど、無料サービスがないからMFに切り替えてしまった。

 

超老舗の弥生会計クラウド版。法人版には定評がある。

以前ぼくは勤め先の経理として、新しく作った子会社の帳簿のチェックをしていた。そこで使っていた会計ソフトがオフライン版の「やよい会計」だったが、やはりクラウド会計とインストール型の会計ソフトではレスポンスが違う。計上が膨大にあるのであれば、インストール型の方がレスポンスが良いため、ストレスがかからずに経理業務にあたることができる。

なので、将来計上の量が増え、インストール型の会計ソフトに切り替えることを見据えるのであれば、今から弥生を使っておくことにメリットはある。

また、やよいのデータは、ほかの会計ソフトに移行しやすい(MFやfreeeはやよいのデータを移行できるようになっている)。なので、いったんやよいを使ってみて、合わなければほかに移ることもできる。

 

まとめ

取引量がまだ少ない or 無料サービスが良い

>> MFクラウドの無料版

経理業務に慣れていない方

>> freee(フリー)

今後計上の量が膨大に増える

>> やよいの青色申告オンライン

 

上記どれにも当てはまらなければ、ローラさんと皆藤愛子さんのどちらに萌えを感じるか、とかでいいんじゃないでしょうか。

ほかの判断材料としては、MFクラウドfreeeは無料体験ができるので、使い勝手を試してみて、どっちかにするといいかもね。(やよいも1年間無料利用というのがあるが、口座登録をさせられて、解約を忘れてると1年後に課金させられる。まあすぐ解約すればいいのだけど)

 

法人を見据えて考えるなら、法人版の比較も参考にするとよい。

 

 

カテゴリ:節税


follow us in feedly



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。