【起業の資金調達】返済不要の「補助金」と「助成金」



融資と違って、原則返済不要であるため、起業や開業をする上で真っ先に申請すべき資金調達手段である。

注意点としては、経費の補填をしてくれるような内容であったり、原則事後の補助金なので、事業拡大の軍資金としては使いにくい。銀行から融資を得られていることが条件のものもある。申請はマストだが、いきなりお金が入るわけではないことを覚えておこう。

 

 

1.創業補助金

金額のレンジは100~200万円。新しく創業/新規事業を行う中小企業が対象。

自治体のセミナーに複数回参加して創業支援の証明書を貰い、事業計画書の審査に通れば、経費の三分の二までを事後補填してもらえる。

>> 創業補助金の詳細

2.小規模事業者持続化補助金

上限50万円(追加の条件をクリアすると100万円)。

従業員の人数が一定以下であり、事業計画書の審査に通れば、経費の三分の二まで事後補填してもらえる。

>> 小規模事業者持続化補助金の詳細

3.ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金

上限額は、従業員が一定以下なら500万円、一定以上だと1,000万円。更にIoTを活用していれば3,000万円まで補助が受けられる。

中小企業の設備投資を支援する補助金。

>> ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の詳細

4.キャリアアップ助成金

「非正規雇用労働者」の企業内でのキャリアアップ等を促進する助成金。

6か月以上雇用実績のある契約社員やパート社員を正社員に登用し、さらに6か月継続雇用すると、該当者1人につき60万円(大企業の場合は45万円)が支給される

>> キャリアアップ助成金の詳細

 

 

 


follow us in feedly



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。