【経理財務の転職エージェント】ジャスネットキャリアを利用してみた【コンサル/会計事務所】



どうも転職活動中の商社マンです。つい先日、経理財務系の転職エージェント「ジャスネットコミュニケーションズ」さんの転職サービスを利用しました。

知人のコネクションで情報を集めていたのですが、なかなかしんどくなってきたので、一回エージェントから情報を貰おうと思い、一度会ってみました。就職活動中は、自分の思いを言語化することが重要だと思っているので、エージェントと会うのも無駄な時間ではないなと思った次第です。

 

事業会社への転職も視野に入れている場合は、こちらをご覧ください。

>> 転職活動で実際に使ってみて良かった転職エージェント3選

 

 

ジャスネットコミュニケーションズさんとの面談

まず、事前にWEB上で、自分の経歴と、志望業界を入力するとエージェントから連絡が来るので、そこで面談のアポを取りました。

事前に履歴書・志望動機などを送りましたが、フォームはリクナビネクストのものを使用しました。

>> リクナビネクスト

 

 転職をやたら勧めてくる感じではなかった

面談の日にビルを訪ねると、二人の社員の方が迎え入れてくれました。一人がメインの担当で、もう一人は補佐のような感じでした。

「あなたのような大手の事業会社勤務の方だと最終的に転職をしない場合も結構ありますが、キャリアについて考える良い機会なので是非頑張ってください」というスタンスで終始進み、基本的にこちらの話を聞いて適宜アドバイス、「後日求人を送ります」という流れでした。

 

 

強い業界/ジャンル

WEB上の求人票を見てみると、こんな感じで、事業会社の経理・財務の募集が圧倒的に多いです。あとは、会計事務所やコンサルですが、ここは有資格者の採用がメインになります。

f:id:taro_detonation:20170718075206p:plain

 

連絡が来た求人票

ぼくは、「将来的にベンチャーの経営/CFOを目指している」「その前のステップとして、会計事務所/コンサル/ベンチャー管理部門/VC」という伝えたところ、業界未経験で会計士/税理士も持っていないので大手のコンサルが良いだろうとのこと。国内の独立系ファームを勧められました。まあ想像通り。

で、来た求人は、「ベンチャーへの財務アドバイザリー」「ベンチャーでのIPO準備」「M&Aコンサル」など。年収は360~900万円まで幅広くありました。

いくら会計/税務/財務をかじっているとはいえ、商社の管理部門からの転職はポテンシャル採用のような感じがしますね。

とりあえず面接してみますが、ほかに行きたい会社をストックしてあるので、練習ということで。

 

ジャスネットに登録すると、経理動画コンテンツが無料に

で、ほかにジャスネットの良いところを挙げると、経理実務のための有料動画コンテンツを無料で視聴できるとのこと。

これが無料になるそうです。
有資格者や専門性の高いコンサルに行く方、あるいは経理の動画コンテンツを無料で視聴したい方にとっては結構良いサービスかと思います。


 


 

商社を出て転職・起業をした人たちのパネルディスカッションをまとめた記事。

>> 【商社からの転職/起業】「元商社マン×スタートアップnight」に行ってきた

 

転職エージェントを実際に使ってみての比較記事

>> 転職活動で実際に使ってみて良かった転職エージェント3選

 

商社からベンチャーに転職して活躍されている方と、転職活動中の商社マンの対談記事。

>> ベンチャー商社に転職されたISHICOさんに、総合商社からの転職について相談してみた

 


follow us in feedly



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。