【フォロワーの増やし方】Twitterのフォロワーを増やす4つの方法



SNSのフォロワーを増やすことで、ブログやnoteなどの導線になりうる。また、今後同志となりうる人と出会うきっかけにもなる。

「相互フォローのアカウントをフォローする」「フォロワーを買う」などは目的に合わない。

ファンを増やすために意識すべきことをまとめていく。

 

インフルエンサーに構ってもらう

議論をしかける

シャイニング丸の内さんのやり方で、アルファアカウントにガンガン議論をしかける。食いついてくるネタを研究してリプライを送る。

>> note「web初心者の外資コンサルが初月PV30万を獲得し収益化してみた結果

 

相手のフォロワーの好みが、自分のジャンルに合うとなおよい。ビジネス系ならLINEの田端さん。それこそシャイニング丸の内さんなども。商社系なら総合商社の中の人など。

リプライを一定数返しているようなアルファアカウントを調べ、議論のネタを調査し、リプライを送る。アカウント作成初期にやると良いであろう方法。

 

書評等を書いてリツイートしてもらう

 

手間はかかるが、効果が出やすい、急がば回れ的な手段。 自分の好きな人や好きな本をブログで紹介して、その人を宛先に入れてツイートすると、結構リツイートやリプライをくれる。

また、自分の好きなことについての記事なので、ある程度の情報や意見が記事に反映でき、結構反響があったりする。オススメ。

 

 

1ツイートあたりの文字数を140文字ギリギリいっぱいまでに増やす

実は、実行したことは1つしかない。1ツイートあたりの文字数を140文字ギリギリいっぱいまでに増やしたのだ。「は?それだけ?」という感じかもしれないが、本当にこれだけで劇的にフォロワーが増えたのである。

 

理屈としては、1ツイートに意見を集中することで、リツイートをしやすくするということだ。複数ツイートに主張が分かれていると、全てリツイートしなければならない。1ツイートにまとめれば、その手間をなくし、見栄えを良くできる。140字で起承転結をまとめる。

 

f:id:taro_detonation:20170730000441p:plain

 

>> SNSマーケティングについてまじめに考えるマガジン|note「ツイッターのフォロワーを3ヶ月で3,000人ほど増やした方法

 

 

アルファアカウント感を出す

アルファアカウントとリプライを応酬したり、リツイートされたりしても、わけのわからないプロフィールやアイコンだとフォロー率が低いかもしれない。

アルファアカウント感を醸し出す。有益な情報を発信しているアカウントであることを感じ取らせるべきだ。

 

アイコンやカバー写真をオリジナルのものにする

風景の写真などは印象に残らない。出来る限り、「顔」にする。

ぼくは可能であればオリジナルのものが良いだろうと思い、ピクシブで良さそうな絵を描いている人を見つけ、アイコン作成の依頼をした。その人のことをTwitterやブログで広報することを条件に依頼したが、その方は「絵を描ければそれでいい」とおっしゃられ、結局無料でアイコンを入手した。

フォロワーがすでに一定数いればTwitter上で呼びかけてもいいかもしれないし、それでなければ「ココカラ」「クラウドワークス」などで依頼をしてもいいかもしれない。

 

ブログのリンクを貼る

ある程度信用度をあげることにもつながる。ただの「フォロワーがすくない人」から「フォロワーは少ないブロガー」的な、WEB上での信頼格付けを若干上げることになるかもしれない。

上記の「書評等を書いてリツイートしてもらう」にも通じるのでぜひ。

 

フォロー数/フォロワー数=1/10

人の捉え方によるかもしれないが、「フォロー/フォロワー≒1」「フォロー/フォロワー≧1」の場合、「有益な情報発信によってフォロワーが増えているというよりも、相互フォローによってフォロワーを増やした」という認識を導いてしまう恐れがある。

相互フォローでフォロワーを増やしても、自分のファンを増やすことには繋がらないのでオススメしない。フォロー数<フォロワー数は崩さない。

 

わかりやすいハンドルネームを

分かりやすい、略しやすいハンドルネームをつけよう。

・苗字+名前っぽい響きを自分のブランドにする(Ex. 藤沢数希・トイアンナ)

・響きが良くて略しやすい名前(Ex. シャイニング丸の内・マドカジャスミン)

・所属が一目でわかる名前(Ex. 総合商社の中の人・シンガポール最強ナンパ師)

…など。自分しか意味のわからないアルファベットの羅列はよくない。別の記事で取り上げたのでぜひ読んでもらいたい。

>> バックナンバー「ペンネームの決め方 ~出版するなら苗字+名前?~

 

自分の所属/呟く内容/刺さるキーワードをプロフィールに織り込む

個性を突き出している人なら、モットーやポエムをプロフィールに書いていてもいいのかもしれないが、フォロワーが少なくてこの記事を読んでいる人にはオススメしない。

「一日一日を全力で生きる」と書かれていても、外から見たらそこに価値を感じられない。所属や呟いている内容を具体的に書く。

わかりやすさが重要。「ブログで~~を書いている」「週に1回ナンパの実況/振り返りをツイートする」「総合商社マンの日常を綴る」など、フォローしてどんな情報が得られるかをシンプルに書く。

 

 

八方美人にならない


フォローやフォロワーの数が増えてくると、いろんな方面のフォロワーに配慮をし出す。

皆、好きな人に嫌われないように媚びる。本来、匿名制の高い掲示板やSNSはノーリスクで意見を発信できて、だからこそ尖った意見が出てくるし、ファン・フォロワーもついてくる。だが、SNS上でも誰かの目を気にして発信をするようになると、インフルエンサーにガンガン議論をしかけていた時代はどこへやら、当たり障りのないどこにも刺さらないツイートになってくる。

タイムラインやフォロー/フォロワーを見ないで、ひたすら発信/議論する場として使ったら良いだろう。

実際、ホリエモンや田端さんは、自分で興味を持った記事のシェア、リプライへの返答、意見の発信を続けている。変に自分のクラスタで仲良しリプライを送り合う状況は、フォロワーを増やす上で足を引っ張る。

 


 

以上、Twitterのフォロワーを増やす4つの方法でした。

興味ある情報や意見に特化して、その界隈のインフルエンサーにたまにリプライ送っていけばいいんじゃないでしょうかね。


 

【カテゴリ:個人事業/メディア

>> WEB/ブログのマネタイズ大全

>> ちきりん型ブログの運営方法

>> ペンネームの決め方 ~出版するなら苗字+名前?~


follow us in feedly



1件の返信

  1. 2017年9月9日

    […] (引用:【フォロワーの増やし方】Twitterのフォロワーを増やす4つの方法) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。