カテゴリー: ゼロから会計/財務

会計とは、経営者と投資家のためのツールだ。別に自分で決算書を作れる必要はないので、とにかく読み方をマスターすべきだ。決算書が読めなければ、下記を戦略的に実行できない。


・「自社のどの部門にリソースを割くべきか判断する」

・「投資家からどう判断されるか理解する」

・「融資の条件を改善する」

・「余計な税金を払わない」

・「会社の目指すべき方向と人事評価制度を揃える」

・「取引先の与信状態を判断する」


というわけで、これから10回にわたって会計特集をしていく。(+ファイナンス3回、タックス2回)


一章:財務三表の繋がりを理解する


1.PLとは「企業の一年間の通信簿」である

2.BSが示すのは「集めた金が何に姿を換えたか」

3.財務三表を一体理解する ~日常取引が財務諸表にどう反映されるか~

4.財務諸表を作る4つの目的


二章:財務分析をする


5.経営指標の種類 ~財務分析の4つの考え方~

6.”安全性”を読み解く ~取引先や銀行からの信用度を高める~

7.”収益性”を読み解く ~本当に利益が出ているのか?

8.”効率性”を読み解く ~運転資本と投下資本~

9.”生産性”を読み解く ~人や設備への投資と、リターン~


二章:財務三表を作る ~経理実務~


9.支払も売上も減損もすべて”伝票”に支配されている ~伝票の動き~

10.管理部門の必要な仕事と、不要な仕事


四章:投資の基礎


11.貨幣の時間的価値

12.DCF法

13.ROEとROI


五章:税務の基礎


14.未定(概論)

15.日々の商売で気を付ける3つのこと ~契約通り, 金額の妥当性, 自他の区別~



その他コラム