「ものづくり・商業・サービス革新補助金」を獲得する

対象:中小企業

抽象的だが、革新的なサービス開発、試作品開発、生産プロセス改善などに取り組む中小企業とされる。製造業に限られない。

 

金額:区分別で上限500万/1,000万/3,000万円

「上限3,000万円」・・・IoT等の技術を用いて生産性向上を図る設備投資等を支援

「上限1,000万円」・・・中小企業が行うサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援

「上限500万円」・・・小規模な額で行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を支援

 

条件①:資本金又は従業員数が一定以下

業種 数値基準(どちらかの基準を満たせば対象となる)
資本金基準 従業員基準
製造業・建設業・運輸業 3億円以下 300人以下
ソフトウエア業又は情報処理サービス 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
サービス業 5千万円以下 100人以下
小売業 5千万円以下 50人以下
ゴム製品製造業 3億円以下 900人以下
旅館業 5千万円以下 200人以下
その他 3億円以下 300人以下

 

条件②:事業計画の提出

下記いずれかを満たす計画である必要がある。

→ 「3~5年で、付加価値額年率3%及び経常利益年率1%の向上を達成できる計画

→ 「中小ものづくり高度化法に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、生産性を向上させる計画

 「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」を熟読して事業計画書を作ること。

 

追加条件:

3,000万円上限のサービス・ものづくり高度生産性向上支援を申請するには、追加で条件がある。

IoT等を用いた設備に投資して生産性を向上させ、投資利益率5%を達成する計画」であることが必要だ。

これも 「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」を熟読して事業計画書を作ること。

 

採択率:4割程度

H28年度の採択は7,729件。

 


follow us in feedly